J.P.R +++ (社)日本管更生技術協会 +++
Japan Pipe Rehabilitation Techinical Association
HOME > 協会概要> 役員名簿> カタログ> お問い合わせ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

K-2工法〜グラスファイバー複合高強度CIPP〜

管状樹脂吸収着材の内面及び外面をプラスチックフィルムで覆ったK2ライナーに熱硬化性樹脂を含浸させ、管路内にけん引挿入し、ライニング材内に液体圧を作用させ、ライニング材を管路壁面に貼り付けた状態でライニング材を温水又は温水シャワーにより加熱し、熱硬化性樹脂を硬化させることにより、管路内にCIPP(現場で硬化したプラスチックパイプ)を形成し、硬化後は、内面のプラスチックフィルムを引き剥がす管更生工法です。

適用範囲
  1. 本管
    • φ150o〜φ1200o
  2. 取付管
    • φ100o〜φ200o
  3. 施工長さ
    • 本管  最大 100m
    • 取付管 最大 30m

Copyright (C) JPR Technical Association, All Rights Reserved.